『福袋』《絶対に楽しくお買い求めいただけます》《広島熊野筆》《竹宝堂》《メイクブラシ》《灰リス/ジャンボ/パウダー》《粗光峰/PUFF/ファンデーションブラシ》《リキッドブラシ/イタチ/塗りやすさ抜

皆様、おはようございます。いよいよ仕事もお休みになりますね。9連休ですか?いいですね、今年は、コマを買って回してみるか?それとも12月の誕生日にもらった、ドローンを飛ばしてみようか?悩んでいます。上の孫と遊びたかったのですが?高校受験でそんな時間もないようです。友達のラインを見ていると、『初孫ができたー』そんなお便りがよく来ますが、私は、このグループラインに入れなくて?だって、高校受験の孫と、今度中学3年生になる孫がいるんですよ。私の1学年上の先輩も同じ年頃の孫がいると思います。私との違いは、先輩は確か?9人ほど既にお孫様がいるようです。先輩と言っても私と同じ歳です。頭の毛は全くありませんので、おじいさんです。(腹から笑う!!)個性豊かな先輩です。学生のころ、その先輩の部屋によく泊に行っていました。朝早くに先輩は起きて、ごはんとみそ汁を作ってくれました。心優しい先輩です。飲みにもよく行きました。べろべろになるまで飲まれます。アカペラで歌う時代、朝まで、皆で軍歌・演歌・大学の歌を歌いながら、池袋から江古田まで歩いて帰ったものです。その先輩のこぶしが、たくさんのお店の壁に、穴となって残っておりました。TV撮影の時、植木鉢をこぶしで割るシーンがあり、先輩が挑戦しましたが、失敗して、20針以上日大病院で麻酔なしで縫いました。縫った先生は、日大少林寺拳法部の先輩でした。『君、空手部か?麻酔なしで縫ってあげる、頑張れ!』 なんでも、面白おかしく生きた時代です。来年は、この空手道部での出来事を書かせていただきます。  続く・・・

永豊堂のオヤジの一言

永豊堂の社長のお話です。 決して本にはならない。 ここだけでしか見れない(かも)、ノンフィクション。 ー It's up to you if you believe it or not.ー 永豊堂のホームページ(右上の「永豊堂」をクリック!)にもきてね!

0コメント

  • 1000 / 1000